うつ病に最適な治療法を探る~種類別に異なる治療~

ウーマン

うつの症状とその特徴

男性

症状に個人差はあるのか

うつ病と一口にいってもその症状には個人差があります。精神的不安定の症状が顕著に現れる人もいれば、身体的な症状が顕著に現れる人など、それぞれによって特徴は異なってくるのです。さらに、症状の程度、組み合わせに関してもそれぞれで差が出てくるため、治療の疱疹や周りのサポートなどもその都度変化していくことになります。一般的にうつ病と呼ばれている症状には大きく分けて二つの種類があります。一つ目は気分の落ち込み、意欲や興味の低下などの症状が顕著に現れる大うつ病性障害というものです。この障害の場合、先に挙げたような精神的症状にプラスして不眠や集中力の低下などの症状が顕著に現れてくるようになります。症状が慢性化することによって悪循環を招き、日常生活にも支障を来すことがあるので注意が必要なケースもあります。二つ目は双極性障害と呼ばれるもので、気分の低下が顕著なうつ状態とその逆の躁状態とを繰り返すのが特徴です。この双極性障害は大うつ病性障害に比べて自殺願望が顕著に現れる傾向にあるため、より一層の注意が必要です。

症状に見合った治療

先に挙げたうつ病の種類、治療内容はそれぞれのケースで大きく異なってきます。もちろん、必要に応じてカウンセリングと投薬治療を継続することは変わりませんが、その処方内容は人によって個人差があるのです。双極性障害の場合、症状が軽度であった場合、専門家でもその診断が難しいケースがあります。本人も気が付かないうちに躁状態が起こっていて、周りの人間の指摘や医師の診察によって初めてその存在に気が付くなんてことも十分に考えられるのです。つまり、最初は大うつ病性障害と診断され治療に取り組んでいたとしても、症状に改善の兆候が見られなかったり、双極性障害の顕著な症状が現れた場合には治療内容は大きく変更されることもあるということです。こうしたうつ病はその種類に関わらず早めの診断、治療開始が重要になってきます。少しでも気になる症状がある場合には出来るだけ早く医療機関を受診することをオススメします。また、必要に応じてうつ病の種類、その見極めに定評のある病院、医師をピックアップしていくのもいいでしょう。