うつ病に最適な治療法を探る~種類別に異なる治療~

ウーマン

周りにいる人の理解も大切

男性

症状を繰り返す

うつ病は、症状の出方によって2種類に別けることが出来ます。この2種類は、大うつ病性障害と双極性障害と呼ばれます。大うつ病性障害とは、徐々にうつ病の症状が現れ、徐々にまた通常の状態に戻るというものです。双極性障害では、うつ病の症状が現れてから徐々に回復していき、その後通常の状態よりも元気になります。うつ病では、うつの状態がいつまでも続くというよりも、この症状を繰り返すことが多く見られます。そのため、周りの人が見ると本当にうつ病なのかと疑ってしまう人もいるようです。双極性障害のように、うつの症状が現れたかと思えば、いつも以上に元気な状態もあり、病気ではないのではないかと疑ってしまいます。うつ病の症状がある人が周りにいる人は、まずこの病気にはこのように種類があることを知っておくことが大切です。うつ病は心の病気であり、体に現れる病気とは違い、見た目だけではわかりにくい病気です。種類があるということを理解して、この病気を受け入れてあげることが、この症状で悩んでいる人にはとても大切なことです。

どんな症状がある

症状にはどんなものがあるのかと思っている人もいるのではないでしょうか。このうつ病には精神的な症状と、体に現れる症状の2種類あります。精神的な症状としては、とくに目立った出来事があったわけでもないのに悲しくなったり、不安や焦りが生じることがあります。また、やる気がないというのも多くの人に見られる症状です。そのため、周りから見るとさぼっているのではないかという印象を与えることがあります。さらにひどくなると、全く行動ができなくなることもあります。体に現れる症状では、まず不眠が挙げられます。不眠症とは違い、全く眠れないというわけではく、眠りが浅いのが特徴です。その他では、食欲が増えたり、逆に減るといった症状が現れますし、耳や目が調子が悪くなるといったケースもあります。このうつ病では、安静が重要なポイントとなります。多くがストレスによって起こる症状で、まずはしっかりと休息をとるようにしましょう。このうつ病になる人はまじめな人が多く、どうしても休息をとることに罪悪感を感じます。周りの人も休息を勧めて、専門医の下で適切な治療を受けることが大切です。