うつ病に最適な治療法を探る~種類別に異なる治療~

ウーマン

人により症状が違います

ウーマン

抑うつ症状を伴います

社会生活の中で無理のある生活環境や難しい人間関係に悩み、長期間悩みを抱えている人がいます。自分の中で上手に気分転換したり何か楽しいことがあれば気持ちをリフレッシュする事も出来ます。しかし、抑うつ状態が続くことでうつ病と診断され、長期に治療を受けなければならない場合もあります。うつ病にはさまざまな種類があり、一見すると症状が表面に現れず、自分の苦痛に感じる状況の時のみ身体的、精神的不具合を生じます。うつ病は大きく分けると抑うつ状態のみを発症する単極性気分障害と、躁とうつを繰り返す双極性気分障害があります。うつ病は中高年に多く、特に女性が男性の2倍の発症率となっています。これに対し躁うつ病は比較的若年層に多く、男女の差もなく発症します。どちらも抑うつ症状を伴いますが、重度のうつ症状や急性の発症、幻覚や妄想といった精神病症状を伴う場合には単極性から双極性へ移行するケースがあります。うつ病の種類によっては治療方法も異なり、薬物療法で使用する薬剤の選定には注意が必要です。

原因不明の症状があります

うつ病の種類に非定型うつ病があります。パニック障害や社会不安障害は見た目にうつに見えませんが、最近増加傾向にあります。パニック障害は過去のトラウマなどから狭い環境に閉じ込められたり、地震が起きるとパニックを引き起こしますが、普段ではこれといった症状は出ません。社会不安障害は、午前中は元気なのに、夕方から夜になると大きな不安感が募り、イライラしたり体調が不安定になります。また、うつ病の種類の一つに仮面うつがあります。原因不明の頭痛や耳鳴り、めまいが生じる事があります。一通り検査もしても原因がわからない場合、心療内科への受診することで回復することがあります。精神的負担に自覚症状がなく、抑圧された負担が体の症状に隠れてしまうのが仮面うつです。どの種類のうつ病でも臨床心理士とカウンセリングを行うことで否定的な思考をより柔軟性のある思考へ変えていきます。また、薬物療法によって感情をコントロールしている神経伝達物質の働きを整え、正常な思考をサポートしていきます。