うつ病に最適な治療法を探る~種類別に異なる治療~

うつ病の種類を正しく知って正しい処方を

必ず病院へ行きましょう

ハート

2つあります

うつ病は毎年増加しています。誰にでも起こる可能性がある身近な病気です。昔はただ怠けているだけではないか、病は気からとも言うので気持ちの問題ではないか、等とよく言われていましたが、気持ちで何とかなるものではなく、治療が必要な心の病気です。気力でどうにかなるものではありません。苦しい状態が2週間以上の長い期間続きます。うつ病には、2つの種類があります。抑うつ状態のみがあるうつ病(大うつ病性障害)と抑うつ状態と躁状態の両方がある双極性障(躁うつ病)です。この2種類のうち、うつ病の方が毎年患者が増えています。日常生活の中で抱える様々なストレスが、うつ病を招き様々な症状があらわれると言われています。双極性障害は、とても元気になって何事も大丈夫と決めつけてしまう躁の状態と抑うつの状態があり、極端にその波が出てきます。この2種類のうつ病は、原因や経過だけではなく、薬や治療の仕方も違ってきます。気になる症状が出てきたら、必ず早めに病院で受診しましょう。

早く治しましょう

うつ病の症状にはいろいろなものがあり、個人差が大きいです。一般的に気分が落ち込んだり、悲しい気持ちになったり、訳もなく希望が持てなかったりする抑うつ気分に陥ることが多いです。他には趣味などに没頭できなくなったり、何事にも無関心になったりするような心の症状があります。また心の症状の他にも、体の症状もあります。夜眠れなくなって、夜中に何度も目を覚ましたり、食欲がなくなるか過食になったり、ひどく疲れて体が重かったりします。これらの症状は放置していると、ひどくなる可能性があるので、ぎりぎりまで我慢しないで、できるだけ早めに信頼できる医師を探しましょう。治療の方法がうつ病の種類によって違ってきますので、自分で判断しないで必ず医師の指示を守りましょう。うつ病は場合によっては何年も非常に長く治療をしなければ完治しないこともあります。できるだけ早く治すために、本人の家族など、周囲の人の協力を得てしっかり休養することが必要です。周囲にうつ病の人がいたら、気をつけてあげましょう。

人により症状が違います

ウーマン

うつ病には抑うつ症状という共通の症状はありますが、さまざまな種類があります。見た目には気が付かないパニック障害や社会不安障害といった非定型うつ病や、原因不明の身体的不具合が起こる隠れうつは、抑圧された負担を軽減させるためのカウンセリングや薬物療法によって治療をしていきます。

Read More

周りにいる人の理解も大切

男性

うつ病は、急に症状が出てくるようなケースもあれば、落ち込んでいたと思えば急に元気になるといったケースもあります。この病気にはいくつか種類があり、周りの人もしっかりと理解することが大切です。休息を勧めて、専門医による治療を受けることが大切です。

Read More